Urbannet Minami-azabu Building

この建物は、これまでにない新しいタイプの小規模都心型オフィスとして計画された。 敷地は、周囲を高い建物に囲まれ、日照がほとんど期待できない劣悪な環境であり、中庭を有する形態として地下1階地上3階で計画された。ここに用意された中庭は、オフィスへの採光・通風のためだけでなく、都市と自然を体感する外部アトリウムとしてアメニティの高い快適な空間を提供しています。建物は、中庭をはさんで東棟・西棟に分割され、階段部分とコア部分で連結され、外部鉄骨階段は、空間のオブジェとしてデザインされています。 オフィスの各ユニットは、水廻りをコンパクトにまとめた矩型のフレキシビリティの高い明るく快適なオフィス空間とし、1ユニットの賃貸面積は、約57〜65㎡が基本ユニットとなり、ユニットの拡大・縮小が可能な新しい空間システムを提案しています。 設備面においては、オフィスとしての基本構造・性能を充実するとともに、これまで小規模オフィスでは得られなかった情報システムと拡張性を享受可能なマルチメディア対応オフィスとして計画されています。 外観は、アルミカーテンウォールとアルミスパンドレルの質感とコンクリート打放しの質感の組み合わせによるによるコンポジションと水平線を強調した緻密なデティールで構成されている。

所在地  : 東京都港区
主要用途 : 事務所
敷地面積 : 361.36㎡
延床面積 : 834.62㎡
主体構造 : 鉄筋コンクリート造
規模   : 地下1階、地上3階
撮影   : Nacasa & Partners.
受賞歴  : 2005年度グッドデザイン賞